SSブログ

通路脇の土留め改修 [ 5_43 通路脇の土留め改修]

庭の造成を行ってから14年目を迎えますが、ログハウスの入り口に向かう通路の脇に設けた土留め用の丸太(写真の下側のにある通路の右側、業者に依頼したもの)の腐食がかなり進行してきたので、そろそろ取り換えの時期かなと考えておりました。4月初めに取り換え作業を行いましたので、ご紹介します。
2022-11-18 10.06.38.jpg

取り外した丸太をみてみると心材のところが少し残っているだけで、回りはボソボソの状態でした。
DSCF1052.jpg

DSCF1053.jpg


【施工方法の検討】
これまでは、丸太(杉?)を使用した土留めでしたが、同じような材料を手配するとなると業者に依頼するしかないので、代替えの方法を検討しました。
そこで、思いついたのが先日のデッキ手すりの改修作業で取り外した古い手すり(2x6材)の再利用です。実は、短く切断して燃えるゴミで出そうと考えていたのですが、腐食の進んでいるところを除けば何とか再利用できそうかなと考えました。

【作業の開始】
手すり部分の材料から腐って使えない部分を取り除いた結果、何とか使えそうなことが判明。
2024-04-01_14-42-49_527.jpg

切った部材(2x6材)を2X4用の接続用プレートで6本の部材をビス止めして繋いで一本ものにし、元の鉄パイプに沿わせます。高さを調整して仮置き終了。
2024-04-01_14-45-57_589.jpg

丸太を止めるのに使っていたクランプも再利用して、新しいステンレスの木ネジで固定していきます。
2024-04-01_15-12-26_342.jpg

狙い通り、無事土留用のプレートの取り付けが終了。
DSCF1055.jpg


春休みできていた娘が、引き続いて土留めの整地をやってくれ、すべての作業が終了。
DSCF1058.jpg

DSCF1059.jpg


完成した通路脇の土留めです。これで、3~5年位持ってくれればいいなあと期待しているところです。次にやるときは、新しい防腐処理済みの2x6材を使って同じようにできるかなと考えています。
DSCF1060.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

巣箱の状況報告(1) 巣作りを始めました(2024-04-03) [7_00 巣箱設置・野鳥観察]

今年に1月半ばに野鳥ために巣箱を3カ所に設置しておりましたが、その後の状況をご紹介します。

例年通り、4月初めに春休みで孫たちがやってきました。野鳥たちが気に入った巣箱を決め巣箱に苔などを持ち込んで巣作りを作りを始めるタイミングに出くわし、孫と一緒に観察したり写真を撮ったりととても貴重で楽しい時間を過ごすことができました。

現時点で巣作りを確認できたのは2カ所の巣箱です。デッキにとりけたものとヤマボウシの幹に取り付けた2カ所。

【デッキに取り付けた巣箱】
この巣箱で巣作りを始めたのは、シジュウカラではなくヤマガラでした。

作業小屋の前の階段でヤマガラが周りの様子をうかがっています。
DSCN0716.jpg

階段の下に生えている苔をくちばしで剥がしとっています。
DSCN0732.jpg

苔を口にくわえて、巣箱の横のジューンベリーの枝にとまって周りを警戒し、問題がなければ巣箱の中に苔を運び込みます。すると数十秒で巣箱から出てきたまた苔を集めに飛び立ちます。これをひっきりなしに繰り返しているようです。
苔を運び込んでいる時に、道路際の電柱(7~8メートル先)にカラスがいるのを見つけると苔をくわえたままジューンベリーの木にとまったまま巣箱には入りません。カラスが飛び立った途端、巣箱に入りました。如何に周りを警戒しているかを確認できました。
DSCN0749.jpg

この巣箱は、ジューンベリーの木の横にあるデッキに取り付けています(設置当時の写真)。
DSCF6081.jpg

苔運びは、多少の雨でもお構いなく10分前後の間隔でひっきりなしに運びこんでいます。どんな巣ができているのでしょうか?

【ヤマボウシに取り付けた巣箱】
DSCN0711.jpg

一方、ヤマボウシの巣箱には、ヤマガラのつがいであったり、シジュウカラのつがいが巣箱を見に来ているのを確認しています。ちょうどヤマガラが来ている時に写真が撮れましたが、必ずしもヤマガラの巣箱になったということではなさそうです。決着にはもう少し時間がかかりそうです。
因みに孫の話だと、シジュウカラよりヤマガラの方が強いので、ヤマガラの巣になる可能性が高いとのことでした。さて、結果につていはまたご紹介したいと思います。

外敵に負けないで、卵を沢山産んで、育ってほしいと願っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅